Reading Time: 1 minute



お節介オヤジの父親は要支援1です。要支援1~2だと地域包括支援センターにいるマネージャーに介護予防プランの作成をお願いしています。なのでケアマネージャー探しはしていないのですが、今後、お世話になるかも知れないのでケアマネージャーに関する記事を紹介させて頂きますね。

rr?rk=0100jvcb00gst9 - 介護相談をするときのケアマネージャーの選び方

介護相談をするときのケアマネージャーの選び方

介護の相談より引用

ケアマネージャーとは、介護認定を受けた人がどのようなサービスを受けるのかを考え、ケアプランを作成する介護支援専門員のことを指します。介護計画の作成だけでなく、介護サービス事業者との連絡や仲介を行う専門家なのです。試験を受けて合格した人だけがこの仕事をすることが出来るので、介護に関する専門的な知識を持っている頼れる存在だと言えます。介護認定を受けた人が介護保険を利用したサービスを受けるためには、このケアマネージャーが作成するケアプランが必要になるため、まずはケアマネージャーを探すことになります。

ケアマネージャーは、介護認定を受けた介護サービス利用者が自ら探さなければなりません。もちろん利用者の家族などが探すことも可能ですが、介護サービスを提供する事業者側や自治体から派遣されてくるわけではないということを理解しておかなければなりません。まずは介護サービス利用者やその家族が自治体の役所や地域包括支援センターに連絡を取って、マネージャーリストをもらいましょう。そのリストには、その地域で活動するケアマネージャーの氏名や連絡先が記載してあります。

マネージャーリストを元に、具体的な人物の選定を行います。介護認定の認定基準によってケアプランの作成場所が異なるため、よく確認しておくことが重要です。「要介護1~5」の認定を受けた場合は居宅介護支援事業者で活動するマネージャーに連絡を取ってプランの作成を頼み、「要支援1~2」の認定を受けた場合は地域包括支援センターにいるマネージャーに介護予防プランの作成を依頼することになります。

rr?rk=0100jvci00gst9 - 介護相談をするときのケアマネージャーの選び方

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、プランを作成するときだけでなく介護に関するあらゆる面に関して長く付き合っていく存在になります。そのため、その人の能力によって介護サービスを利用する際の容易さや快適性が異なり、緊急時の対応が出来るかということも違ってくるため、知り合いや自治体の職員に評判を聞くなどして本人や家族が安心できる人物を選ぶことが必要になります。

実際にケアマネージャーを選ぶために、まずは電話をしてみましょう。介護認定を受けた人の状況などを詳しく伝え、何が必要なのか、どういったケアプランを立てればよいのかを質問してみるのです。事前にインターネットなどを使って調べた内容であっても、改めて質問してみましょう。質問内容に丁寧に答えてくれるだけでなく、調べた内容について解釈に間違いがあれば訂正して、分かりやすく説明してくれる人であれば信頼できるマネージャーだと言えます。逆に、質問されたことを淡々と答えるだけだったり、こちらの反応を無視して一方的に説明するだけという場合は、その人にケアプランの作成を任せることは避けるべきです。専門用語を並べたててこちらの要望を聞かずにサービスを提示してくる人も同様に避けた方が良いでしょう。

さらに、一口に「デイサービス」、「訪問介護」と呼ばれる介護サービスであっても介護サービス事業者によって行われるサービス内容は異なることが一般的です。質問をしたときに利用できるサービスを教えてくれて、事業者ごとの特徴も説明してくれるかをチェックします。もし具体的な説明がなければ、介護保険に対する知識が浅はかであるか、もしくは特定の事業者のみに限ったケアプランしか作成できない可能性があるのです。

rr?rk=0100jvci00gst9 - 介護相談をするときのケアマネージャーの選び方

良いケアマネージャー選び方

ケアマネージャーを選ぶときに介護サービスに対する説明以外に重要な点として挙げられるのが、介護サービスの利用者や家族にとって本当に必要なことを見つけ出してくれるかどうかです。介護サービスの利用者やその家族がプランの作成をするにあたって要望を出したときに、その要望をそのまま受け取ってプランに組み入れるのではなく、なぜそういった要望が出たのかを分析し、具体的な解決策を提示してくれる人であれば安心できます。さらに、その解決策が一時的なものではなく、長期にわたって有効な解決策であるかどうかもポイントです。利用者とその家族にとっては、一時しのぎ的な解答ではなく、その解決策であれば根本的に問題を解決して要望を満たしてくれることが必要になるためです。利用者とその家族のことを真剣に考えていることが伝わってくればその人にプラン作成を任せるべきです。

実際に介護サービスを利用し始めると、ケアマネージャーへの要望は考えている以上に多くなるものです。突発的な相談や依頼をしなければならなくなっても、身軽に対応してくれることが重要です。

また、ケアマネージャーは最初に選んだ人とずっと付き合っていかなければならないわけではなく、変更することも可能です。自治体や地域包括支援センターに相談すれば新しい人を紹介してくれる場合もあるため、どうしても満足できないというときは相談してみることもおすすめです。

rr?rk=0100jvci00gst9 - 介護相談をするときのケアマネージャーの選び方

関連記事:違いは後でわかります 年金の種類をおさらい

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー