お節介オヤジも様々な諸事情により転職をしてきましたがその転職に関してかなり辛辣な意見が記事になっているのでご紹介させて頂きますね。結構、当たっているかなと思います。

bgt?aid=170805586534&wid=001&eno=01&mid=s00000017295001013000&mc=1 - なかなか辛辣な転職論です。

0 - なかなか辛辣な転職論です。

こんなあなたなら転職はおすすめ出来ません

時代は能力主義へ

世の中、年功序列主義では会社も立ち行かなくなりつつあります。時代は能力主義へ、とあればいつまでもこんな会社にいるだけ損をするだけとばかりに転職は身近なものになって来ています。確かに転職は積極的にすすめられる時代にはなっているようです。しかし誰もがただ現状を好転させようとして転職を志すのは疑問符の付く場合もあります。転職には向かないタイプの人がいるのです。どういうタイプなのか、自分は該当していないかを客観的に見直してみてから転職を考えるようにしておきましょう。

お仕事探しはP&P求人サイト

転職に向かないタイプ

自信過剰である

転職を考えている人は、おそらく現状が不満で環境を変える事で自分の能力を発揮したいと考えているものです。
転職にはそれなりに手続きなどだけでもかなりのエネルギーを消費するにも関わらず取り組もうとするのはいたって健全なエネルギーではあるでしょう。しかし、エネルギーは正しい方向に持っていけなければ徒労に終わります。そこには冷静な判断力が無くてはなりません。単に自分自身への評価を勝手に高めていたり、周囲の人への評価を勝手にさげすんでいたりしている場合も多いのです。このような人の場合、転職活動をしてみても客観的にしか能力評価はしてくれませんので、受け入れてくれる会社も無かったりします。まだ在職中にその事に気付けばまだしも、いったん会社を辞めてから転職活動を始めるようでは取り返しもつかなかったりするのです。

わがままである

人の行動は周囲の人に少なからず影響を与えます。転職などすれば同僚への負担が増えたりするかもしれません。
引っ越しをしたり子どもは転校したりと家族の生活も一変するものです。そういう事に頓着が無くマイペースでいるのもほどほどにしないと人間関係にも支障をきたしがちになります。傾向としては遅刻しがちとか人との約束を守らない事が多かったり、難しい判断は人任せになったりなどの癖があります。これはマイペースとは違った毒のある性癖なのです。
責任感の薄いタイプは転職出来たとしてもその後に失敗をするとまた人のせいにしたりして転職を目指したりと悪循環に陥るケースもあります。

rr?rk=0100kr6v00gst9 - なかなか辛辣な転職論です。

人に判断を仰ぐのも疑問

なかなか自分がどんなタイプの人間なのかは自分ではわからなかったりもします。だからと言って、周囲の人に聞いてみたら客観的な返事をもらえるかと言うとこれがまた怪しいものとなります。親、兄弟なら自分の事を良く知っているかもしれませんが、知り過ぎていて思い入れの強すぎる返事となりがちです。職場の同僚なら気心も知れてるし自分の能力もわかってくれていると思ってはいけません。職場の関係者では完全に利害関係人になってしまいます。同僚に転職されると自分の仕事が増えてしまうからと都合の良い事を言うのです。また会社に情報が漏れてしまうと会社から不利益な扱いを受けるかもしれません。よほど信頼のおける人でも見つけられない限りは結局、自分で自分を静かに見つめてみるしかありません。それが出来なければ転職するまでの能力も無いと思っておいても適正な判断だと言えます。

bgt?aid=170130649427&wid=001&eno=01&mid=s00000013900002004000&mc=1 - なかなか辛辣な転職論です。

0 - なかなか辛辣な転職論です。

関連記事:製造業・工場の求人を探すなら工場ワークス


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ