最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

明治のカールが東日本で販売されなくなると言うニュースはネットやテレビだけでなく週刊誌にも扱われていますね。書かれている内容は専門誌ではないのでちょっと?ですがそれだけ大きな話題になっていると言う事でしょう!

大手コンビニが取り扱わなくなった人気スナック菓子の名前

NEWSポストセブン ビジネス大手コンビニが取り扱わなくなった人気スナック菓子の名前より引用

5月25日、大手菓子メーカーの明治がスナック菓子「カール」の東日本での販売終了を発表した“カールショック”。8月生産分をもって主力の「カールうすあじ」「カールチーズあじ」は西日本地域のみの販売になる。

近年、スナック菓子を取り巻く環境は厳しさを増している。青春時代に親しんだ懐かしの味が続々と消えていく可能性は否定できない。ロングセラー商品が直面する「現実」を追った──。

スナック菓子の販路はコンビニの比重が大きい。しかし、棚の大きさには限りがあるため、陳列される商品は“ふるい”にかけられているという。そのため、メーカーにとっては「いかにコンビニに置いてもらうか」が生命線になる。

「コンビニには『週販』という売り上げのノルマがあります。例えば『週販10個』なら、週の平均売り上げがチェーン店全体で10個に満たない商品は全店舗で取り扱いが停止される。週販を達成できない商品は、コンビニという大きな販路を失うので売り上げ確保が難しくなる」(メーカー関係者)

カールの例でいえば、コンビニ最大手のセブン-イレブンは2015年秋にカールを本部の推奨商品から外し、実質的に店頭販売を打ち切っていた(理由についてセブン-イレブン広報センターは「顧客のニーズに合わせた」と説明)。

記事全文はこちら

この記事では週販=ノルマと言う陳腐な表現がされているが、週販数が高い=消費者の評価が高いと言う当たり前の判断。スーパーと違い店舗の面積が狭いので週販数の高い商品が棚に残ると言う結果は当たり前と言えば当たり前だと思う。これは流通業では常識的な考え方ではないか?セブンイレブンの広報の方が「顧客ニーズにあわせた」=週販数が高いと言う意味でしょう。

ロングセラー商品が本当に扱われていない訳ではない。

大手メーカーのロングセラー商品が本当に店頭から消えているかと言うと全てそういう訳ではない。スナック菓子売り場でお目当ての商品を探してもないと言う場合は、100円菓子コーナーを探してみると結構な並んでいます。※セブンイレブンはあまりダブルブランドは扱っていない。湖池屋のスコーン、ポリンキーや東ハトのビーノなどは各チェーンのストアブランドとダブルブランドで販売されている。

ストアブランド(PB)でメーカーのメリットは?

ストアブランドへの大手メーカーの参入については、商品を絞り込んで売上は下がらないの?①でも少し説明していますがもう少し深堀りしてみましょう。

返品がない。

消費者の皆さんはメーカーに返品ができる事を知らない方が多いとは思いますが、問屋からメーカーへ返品は出来るんです。※店舗から問屋への返品は基本できません。何でも返品ができると言う訳ではありません。

返品と納入期限切れの関係

4824299 - 商品を絞り込んで売上は下がらないの?②

お菓子|商品情報|ファミリーマート ファミマ ポリンキー濃いめんたい味

食品には消費期限或いは賞味期限の表記はされているのは当然ご存じだとは思いますが、問屋から店舗へ納品される商品には納入期限と言うものが設定されています。各チェーンによって基準は異なると思いますが、消費期限の1/3位が目安だったと思います。メーカーとしては新商品を多くに買って頂きたいので発売時に小売りや問屋との商談で多く発注=売上を進めてきます。これが予定どおり店頭で販売できれば返品の対象にはなりませんが予測を大幅に下回ると大量の返品になってしまいます。これはメーカーが引き取るしかありません。それを二束三文で処分販売する。これがよく言う激安店の流れるケースが多いです。

ストアブランド(PB)商品には基本返品がありません。返品がない分メーカーとしては問屋に納品した商品が全て売上になるので自社ブランドも当然大事だとは思いますが、ダブルブランドに参加する事のメリットも大きいと思います。

大量生産、一括納品でコストダウンを図る小売業もある。

689463 - 商品を絞り込んで売上は下がらないの?②

もぐなび

1円でも安く買い物をしたいと言う考えが多い主婦をメインターゲットとするスーパーのPB商品対策としては、過去には生産工場が稼働していたが、今はあまり稼働していない(今回の明治のカールの様な状態)商品で消費者に販売見込みがある商品をPB化して消費者に安くボリュームのある商品を提供しているチェーンもありますね。メーカーとしても稼働しない生産ラインを稼働できる事ができるし、生産商品は全量買い取りで上記の様に返品もない。いいことずくめの様に思えるがこれはかなり仕入れ単価が厳しくなるのも事実です。しかし、生産ラインを稼働する事も大きな魅力であるのも事実だと思います。

大手メーカーと言う安心感

これもひと昔前では考えられないほど、大手メーカーがPB商品の生産に積極的になっている。実際、コンビニの商品改廃の速さは今に始まった事ではないが、多くの棚がPB商品で埋め尽くされている状態でメーカーブランドでは取扱いしてもらえないと言う事から参入していると思われる。消費者にとっても製造者に自分の知っているメーカーだと安心しますよね。

しかし、大手メーカーほど原価計算等はシビアで小売が要求する仕入れ単価に答える事ができないケースが多く、PB生産に積極的とは言えなかったがもうそんな事は言ってられない時代になってきているのでしょうね?

まとめ

今回、大手メーカーである明治のカールで大きな話題になっていますがメーカーも利益を出さなければいけないので商品の絞り込みはどんどん進んでいくと思います。一方でPB生産と言う方法で利益確保に進んでいくのではないでしょうか?もっと厳しくなるのは中小メーカーです。以前はPB生産を担っていたメーカーは非常にに厳しくなってしまいますね。小売の統廃合も進むとは思いますがメーカーの統廃合、廃業、倒産など進まない事を願うばかりです。


皆さんからのクリックが更新意欲につながっています




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー