Reading Time: 1 minute




お節介オヤジも商品開発の仕事をしていましたが、商品名ってものすごく悩みます。今回、生協から発売になったノンアルビールのネーミングが話題になっていますね。

生協のノンアルビール、「直球過ぎる」名前が話題 戦略か?偶然か? 実は意外なボツ案が

withnews 5/23(火) 7:00配信記事より引用

日本生活協同組合連合会が、4月にCO・OP(コープ)ブランドで発売したノンアルコールビールの商品名が「直球すぎる」と話題になっています。意表を突くネーミングはなぜ生まれたのか? そこには意外な理由がありました。(朝日新聞デジタル編集部・信原 一貴)

乱戦状態の中で

 ノンアルコールビールの商品名は、飲料メーカー各社が工夫しています。

・オールフリー(サントリー)
・パーフェクトフリー(キリンビール)
・ドライゼロ(アサヒビール)

などなど。「フリー」や「ゼロ」といった言葉で、ノンアルであることをスマートに伝えています。

トクホ商品でもある「SAPPORO+」(サッポロビール)のように、付加価値に焦点を当てたネーミングも登場。乱戦状態です。

今月に入り反響

 そんな中、4月1日にコープのノンアルビールが発売されました。コープ商品は組合員向けに販売されるため、ネットで話題になることは多くありません。

しかし今月に入ると、ツイッターなどに「直球すぎるネーミング」「笑った」と反響が相次ぐようになりました。中には1万2000回以上、リツイートされたつぶやきもあります。

その商品名とは

Sirafu(シラフ)です。
ノンアルコールビールの、シラフです。
特に飲んべえの人にはおなじみの言葉だと思いますが、念のため広辞苑で調べてみます。

【しら-ふ】酒を飲んでいない、平常の状態・態度

確かに、直球すぎる!

意外な「ボツ案」が

なぜ、こんな名前になったのでしょうか。
日本生活協同組合連合会の担当者に聞くと、意外な回答がかえってきました。

ーーなぜ商品名に「シラフ」を選んだのですか。

「実は、当初の候補では商品名は『Sheriff(シェリフ)』でした」

ーーあれ、少し違いますね。

「Sheriffは、アメリカの保安官を指す言葉です。西部劇に出て来るカッコいい正義の味方のイメージですね」

「商品の味わいも、甘さを抑えて、スパッと切れる後味を持たせています。そこで商品名にも、シェリフが飲んでサマになり、喉の渇きが一瞬で収まるという意味を込めようと考えました」

ーーそれがどうして、シラフに?

「シェリフでは意味が分かりづらい、デザイン性からさらに字数を短くする必要がある、といった課題が出てきたんです。なかなか次の案が出ずに悩みました」

「それで最終的に思いついたのが、アルファベットの文字が似ている『Sirafu』でした。一目でノンアルビールと分かりますし、これだ、と」

ーーということは・・・。

「偶然の産物ですね」

ーーとはいえ、話題性のあるネーミングになりました。

「コープ商品は、一般の店頭には並びません。ですのでツイッターで話題になるとは思いもよらず、とても驚いています」

日本生活協同組合連合会によると、Sirafuを店舗や宅配で取り扱うかどうかは、各地の生協ごとの判断です。そのため地域によってはSirafuの取り扱いがない可能性もあるといいます。

ただ、「これから夏に向けて、本格的に各地で取り扱いが増えていくと思われます」(広報担当者)とのことでした。

#コープ ノンアルコールビール





google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー