国勢調査の結果で生涯独身率が過去最高っと言う結果がでましたが国によっては随分と考え方が違うみたいですね。

生涯未婚率の増加に「人には結婚以外にもするべきことはたくさんある」と中国ネットは肯定的

2017年4月6日、中国紙・地球日報は日本人男性の4人に1人が孤独な人生を送るとする記事を掲載した。

記事は、厚生労働省が4日に公表した調査結果について紹介。それによると、50歳までに一度も結婚をしたことがない生涯未婚率が、2015年は男性で23.37%、女性で14.06%だった。これは2010年の調査と比べて3%上昇しており、過去最高となった。

その理由について日本メディアは、人生の選択の多様化や、非正規労働者が4割近くに達しているため経済的理由で結婚をためらう人も少なくないためだと分析していると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「1人は気楽だからなあ」「1人の生活は幸せじゃないとは言い切れない。もしかしたら日本の独身者はわれわれの100倍幸せかもしれない」など、独身であることに肯定的なコメントが多く寄せられた。

また、「なぜ結婚するのか?人には結婚以外にもするべきことはたくさんある」「必ず結婚しなければならないという考え自体が間違っているのだ。結婚なんて選択肢の1つにすぎない」などの意見もあった。

他にも「社会と個人が高度に発展すれば必然的にこうなる」「中国もますます多くの人が独身を選択すると思う」と、中国も同様の傾向になるとの見方が大半を占めた。
bgt?aid=170124544597&wid=001&eno=01&mid=s00000009841002016000&mc=1 - 日本人男性の4人に1人が孤独な一生を送る?

0 - 日本人男性の4人に1人が孤独な一生を送る?

40代のうちに結婚しないと、50代の婚活は厳しい − 5つの実態

40代男性の婚活・結婚・出会いを成功に導くコンサルティングサービス ネオクラシコ記事より引用

「そのうち結婚できるでしょー」とノンビリ構えている40代男性に、耳寄りの話です。それは、「50代の婚活は、考えているよりはるかに厳しいぞ!」という話です。年齢的には40代の延長に50代があります。しかし婚活する上では、40代と50代には連続性がありません。40代の婚活と50代の婚活はまったくの別物なのです。50歳を超えると女性からの反応は極端に悪くなり、婚活業者からは「シニア・中高年」に分類されてしまうからです。この記事では、いくつかのエピソードを紹介しながら、50代の婚活の厳しさを皆さんにお伝えしたいと思います。「そのうち結婚できるでしょー」と漠然と思っている40代未婚男性は必見!せひ参考にしてください。

※詳細は別途紹介させて頂きます。まとめの部分だけ先に紹介させて頂きます。

まとめ文

2012年度版「子ども・子育て白書」によると、2010年時点で、50歳で一度も結婚したことがない「生涯未婚率」は、男性で20%超え(女性は10%超え)と過去最高を記録しました。このデータが発表された当時、「5人に1人が結婚できない時代」とニュースで話題になりました。50歳を過ぎると一生結婚しないもの(=生涯未婚)と見なされる事実こそが、これまで紹介した様々なエピソードが示す「50代の婚活は厳しい」ことの一番の証左ではないかと思います。だから、40代の男性は「そのうち結婚できるでしょー」と高を括らず、危機感を持って婚活に臨んで頂きたいと思います。そして、50代で婚活にチャレンジしている男性にも頑張っていただきたいと思います。

記事の内容はこちら


bgt?aid=170124544597&wid=001&eno=01&mid=s00000009841002016000&mc=1 - 日本人男性の4人に1人が孤独な一生を送る?

0 - 日本人男性の4人に1人が孤独な一生を送る?

50歳までカウントダウンが始まっているお節介オヤジですも他人事ではない。一応、一度は結婚しているので生涯独身率にはカウントされませんけど少し考えないといけませんね。


bgt?aid=170124544597&wid=001&eno=01&mid=s00000009841002004000&mc=1 - 日本人男性の4人に1人が孤独な一生を送る?

0 - 日本人男性の4人に1人が孤独な一生を送る?