お節介オヤジもこのブログとYouTubeをやってますが映画やドラマをYouTubeにアップして何故?著作権違反にならないのか疑問でしかたありませんが…その動画がこちらです。

やはり何等かの違反でしょうか削除されていました。

鬼平犯科帳第一シリーズ第六話「むっつり十藏」

https://youtu.be/cMTWe6KXTP4

お節介オヤジの子供の頃のヒーロー仮面ライダーV3が悪者になっている。また原作とは微妙に登場人物もドラマでは変わっていますね。

原作のあらすじ

火盗改め筆頭与力佐嶋忠介の元へ、凶悪無慙な怪盗「野槌の弥平」の情報が、密偵「岩五郎」よりもたらされた。「新鳥越四丁目の角にある小間物屋助次郎を探ってごらんなさいまし」と言う。 佐嶋与力はすぐに同心小野十蔵に探索を命じた。 十蔵が小間物屋に来てみると、助次郎は女房「おふじ」によって殺害されていた。事情を聞いた十蔵は、助次郎を訪ねて来る事になっている小川や梅吉を待ったが現れなかった。おふじの情を感じた十蔵はおふじとその子お順を、押上村の百姓喜右衛門宅に預けた。 やがて、柳島の蕎麦屋小玉庵で小川や梅吉を見かけたというおふじの情報で、小玉庵を見張っていた同心竹内孫四郎らによって小川や梅吉と一緒にいた小房の粂八は捕らえたが、梅吉は取り逃がしてしまった。長谷川平蔵の拷問によって粂八が自供し、 天明七年九月二十一日未明、江戸郊外・王子稲荷の裏参道にならぶ料理屋のひとつ、乳熊屋にて、乳熊屋を盗人宿とする野槌の弥平一味のうち弥平以下七名を捕縛した。 そのころ十蔵はおふじとお順をかくまっている事をネタに、粂八を釈放しろと梅吉に脅されていたが、火盗改めの長官が、堀帯刀から長谷川平蔵に替わり、野槌一味をお縄にして初手柄を立てた事で観念。責任を感じて自害した。 おふじは梅吉によって殺害され、お順は平蔵宅に引き取られた。唖の十蔵とは小野十蔵のあだ名であった。

鬼平のことば

現代を生き抜くための100名言より

おれも妾腹(めかけばら)の上に、母親の顔も知らぬ男ゆえなぁ

妾腹に生まれた平蔵は、継母の波津に数々の冷たい仕打ちを受けた。その反動で家を飛び出し”本所の銕”と呼ばれる無頼になった。父にも母にも捨てられ、帰る家はなく行くべき道も見えない。世の中の理不尽は平蔵の骨の髄まで染み込んだ。だからこそ、誰に対しても公平無私な思い遣りを忘れない。

盗賊の女房おふじが幼い娘を残して死んでしまう。盗賊の子であれば、辛い人生が待っているだろう。平蔵はその子を不憫に思い、引き取って養女にしてしまう。これを知った、元盗賊の粂八は感動に胸を震わせた。平蔵の人柄に酔心し、密偵として命を賭ける覚悟を決める。理不尽な世間に翻弄される人生もある。そのとき悪に身を堕とすか、踏みとどまって善に生きるかは、心次第だ。

関連記事:【長谷川平蔵名言集】本所・桜屋敷はこちら

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001031000&mc=1 - 「鬼平の言葉」鬼平犯科帳第一巻 啞の重蔵より

0 - 「鬼平の言葉」鬼平犯科帳第一巻 啞の重蔵より