アニメ鬼平の12話の放送がされました。声優として”のん”さんが参加されてTwitterで沢山のツイートされていますね。

のんさん声優の仕事が増えそうですね。

本題は次回13話(最終回なのかな)やはり鬼平犯科帳の中でも読み応えもありテレビ版では”おまさ”役の梶芽衣子さんの名演技が印象的でした次回は”狐火(きつねび)”です。

hqdefault - アニメ「鬼平」次回放送”狐火(きつねび)”(ネタバレ)

鬼平犯科帳・狐火 kinectclub.ru 鬼平犯科帳 第1シリーズ 第11話「狐火」(1989年

原作のあらすじ

又太郎は、10代が終るころ、いまは女密偵になっているおまさ(21歳)に男にしてもらった過去がある。一味の中で色ごとをやった罰としておまさは〔狐火〕一家を追放された因縁をもつ。
又太郎は、先代が逝った4年前に〔狐火〕の勇五郎の2代目を継いだが、ちかごろ、〔狐火〕を名乗って非道な「畜生ばたらき」をつづける盗賊が出現した。その正体をあばくべく、引退して江戸川・新宿(にいじゅく)の渡し場で茶店の亭主におさまっている〔瀬戸川(せとがわ)〕の源七に相談しようと、京都から下ってきた。源七は先代〔狐火〕の右腕といわれた男である。市ヶ谷田町の薬種店〔山田屋〕に押し入り、一家皆殺しにして金を奪い、〔狐火〕の札を遺して去った賊がいた。
かつて〔狐火〕一味にいたことのある密偵おまさは、火盗改メのお頭に〔狐火〕の内情を聞かれ、又太郎に10日遅れて正妻お勢が産んだ文吉がいることをおもいだした。「畜生ばたらき」はこの文吉かもしれないと、鬼平には黙って〔瀬戸川〕の源七を訪ねると、なんと、京都から下ってきた又太郎(2代目〔狐火〕)とばったり出会い、焼ぼっくいに火がついた形になってしまった。

鬼平の言葉

現代を生き抜くための100名言”狐火”より

先代に免じて、ゆるしてやろう。そのかわり、二度と盗みはせぬとの証文を置いて行け

密偵おまさが昔惚れた男、「二代目・狐火の勇五郎」と再会する。おまさは平蔵と勇五郎の板挟みになって苦しむ。平蔵は勇五郎を許す代わりに、その左腕を斬り落とす。すべてはおまさの幸せのため。優しさだけが思いやりではない。苛烈に見える仕置きには、深い情けが垣間見える。

狐火はまだまだ沢山の名言があるので次回も狐火の中から紹介します。

アニメ鬼平の公式サイトのあらすじ

江戸でもきこえた薬種屋「山田屋」で一家十数人が惨殺され金が盗まれる事件が起きた。現場に残された「狐火札」から「狐火」一味の犯行と思われた。しかし狐火の先代は亡くなり、お頭を継いだ二代目は、おまさがかつて情を交わした男でもあり、昔、狐火の一員でもあったおまさは違う者の仕業ではないかと感じていた。それならば誰が?「狐火」の犯行に見せかけた者がいるに違いない……。

次回のアニメ鬼平も楽しみですね。

2000004862876 - アニメ「鬼平」次回放送”狐火(きつねび)”(ネタバレ)

>アニメ「鬼平」原作 鬼平犯科帳セレクション【文春e-Books】【電子書籍】[ 池波正太郎 ]

価格:400円
(2017/3/28 20:11時点)
感想(1件)

 

mnps 120 - アニメ「鬼平」次回放送”狐火(きつねび)”(ネタバレ)

>鬼平~その男、長谷川平蔵~[DVD] / アニメ

価格:5,512円
(2017/3/28 20:13時点)
感想(0件)

0 - アニメ「鬼平」次回放送”狐火(きつねび)”(ネタバレ)