Yahooニュースにもなっていますが14日に亡くなった俳優・渡瀬恒彦さんの追悼特別番組として「タクシードライバーの推理日誌32」を19日に放送してますね。

映画からドラマでイメージチェンジ?

渡瀬恒彦さんの代表作と言えば「仁義なきたたかい」「不良番長 出たとこ勝負 」他にも沢山のヤクザ映画に出演されていました。また芸能界喧嘩最強説などもありこれも映画ですが「戦国自衛隊」でもはみだした隊員役だったと記憶しています。

20120114135107 300x169 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

U-NEXT

梅宮辰夫主演、不良グループが縦横無尽に暴れまくる人気シリーズ第8弾 見どころ 1970年に公開されたシリーズ第8弾。新宿を追われたカポネ団が、新たな地でも大暴れ。行動に移すポジティブさと、邪魔する相手への容赦のなさは今作でも健在。 ストーリー 暴力団・大滝組の圧迫と街の浄化運動を受け、神坂弘らカポネ団は新宿を離れることになる。福島にやって来た彼らは、アメリカの財閥を騙って商売と美女狩りをしようとする。だが最後の大詰めで失敗。大滝に追い詰められるが、神坂はダチ公の峰に助けられる。


bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001059000&mc=1 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

0 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

少しづつ人情俳優に?

映画の中では「震える舌」では父親役で主演?だったと思います。

123471425527716221201 furuerusita003 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

ある日、マンションの近くで泥んこ遊びをしていた女の子・三好昌子が、落ちていた小さな釘で手にケガをした。よくあるケガだと思い自宅で一般的な消毒などをしたが、数日後に歩き方がおかしいことに気づいた両親・三好昭と邦江が聞いてみると、娘は「歩けるけど、歩きたくないの」と言い、話し方も何かいつもと違う。両親は娘を病院に連れていくが「大したことはない」と診断され、取り合ってもらえない。やがて昌子は痙攣を起こし、自身の舌を噛み切って悶え始めた。大学病院での専門医による検査の結果、昌子は破傷風にかかっていることが判明し、隔離された病室に入院することになった。ウキペディアより引用

それでも薬師丸ひろ子主演映画「セーラー服と機関銃」では確か若頭役だったと思います。

20080719 312688 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

セーラー服と機関銃より

南極物語以降は人情派俳優に?

南極物語はやはりヤクザ映画を主戦場にしていた高倉健さんとの共演でしたね。高倉健さんはもうすっかりヤクザ以外の役も沢山やられており日本を代表する大スターになっておられましたが…

U-NEXT

南極に置き去りにされた樺太犬タロとジロを描いた大ヒット作が、鮮明によみがえる! 見どころ 南極の厳しい自然を生き抜いたタロ&ジロの実話をもとにした大ヒット作を、デジタルリマスターの鮮明な映像で復元。音楽は「炎のランナー」の名匠ヴァンゲリスが担当。 ストーリー 昭和33年、南極観測隊は悪天候により越冬を断念し、15頭の樺太犬を昭和期基地に置き去りにすることに。1年後の観測隊にも参加することになった潮田と越智は、犬を置き去りにした苦悩を抱えていた。そんなふたりの前に、二匹の犬が走り寄ってきて…。

これ以降はヤクザなり暴力をイメージする役でなくなった感じがします。これはあくまでもお節介オヤジのイメージですけどね。
bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001059000&mc=1 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

そしてテレビドラマへ

NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」では師匠役で大活躍。

C6 w3mTVAAQYfib - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

主人公の和田喜代美は、9歳の時に、福井県小浜市へ引っ越してきた。喜代美は、無口で真面目な出戻り若狭塗り箸職人の父・正典(松重豊)と楽観的な母・糸子(和久井映見)をはじめ、祖父・正太郎(米倉斉加年)と祖母・小梅(江波杏子)、それに弟・正平(橋本淳)や叔父・小次郎(京本政樹)など、大勢の家族に囲まれて育った。 その9年後、喜代美(貫地谷しほり)は高校卒業を間近に控えていた。 同い年で同姓同名の親友・和田清海(佐藤めぐみ)が、才色兼備で誰からも好かれるのに対して、悲観的で将来の夢も展望も全く開けない喜代美は、清海に劣等感を抱いてしまうのであった。 そんな状況を打ち破るため、高校卒業後、喜代美は大阪へ飛び出した。その地で、思いがけず出会ったのは、人を笑わせる仕事、落語家であった。祖父の言葉を胸に、喜代美は、希代の天才落語家・徒然亭草若(渡瀬恒彦)に弟子入りする。Wikipediaより引用

そして本題のテレビ朝日のドラマはやはり

タクシードライバーの推理日誌シリーズ

yoake - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。

大同交通のタクシードライバー。通称「夜明さん」。警視庁捜査一課強行犯第7係の警部補だったが、ある事件で関わった女性の関係を週刊誌報道による濡れ衣をかけられ、警視庁を辞職し妻(太地琴恵…声のみの出演〈第2作〉)とも離婚し、タクシードライバーとしてチェッカー無線(車両協力は同無線に所属する大同交通)に再就職した。アパート「あけぼの荘」で一人暮らしをしている。自分の気が済むまで引っ掻き回すタイプ。ウキペディアより引用

テレ朝「タクシードライバーの推理日誌」放送、冒頭で渡瀬さん追悼

スポニチアネックス 3/19(日) 21:12配信より引用

テレビ朝日は14日に亡くなった俳優・渡瀬恒彦さんの追悼特別番組として「タクシードライバーの推理日誌32」を19日に放送。番組冒頭に追悼コーナーとして渡瀬さんの歩みや功績を振り返った。

大下容子アナ(46)のナレーションで、渡瀬さんの俳優人生を紹介。「仁義なき戦い」「セーラー服と機関銃」「南極物語」など渡瀬さんが出演した代表的な作品とその演技を回顧し、「数多くの忘れられない作品を残したくさんの人々に愛された渡瀬恒彦さんは、病と闘いながら最後まで俳優として命を燃やし続けました」と称えた。

「タクシードライバーの推理日誌」シリーズは渡瀬さんが主演を務め、2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」で1992年から24年間に渡り39作品放送された。元警視庁の敏腕刑事という過去を持つタクシードライバーの夜明日出夫(渡瀬さん)が、乗客が関わる事件を解決する推理ドラマ。

0 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。ドラマ観るなら<U-NEXT>

その他にも

テレビ朝日さんのドラマを引っ張ってこられた渡瀬恒彦さんの追悼番組を放送するのが遅いくらいだと思います。

あらためまして、渡瀬恒彦さんご冥福をお祈りいたします。
0 - 追悼番組をやるのが当然です。テレビ朝日さん。