テレビCMまで作ってプレミアムフライデーを随分と庶民の生活をご存じでない日本政府様が推してますが。月末の忙しい金曜日に早上がりしましょうってずれてませんか?金曜日を早上がりするなら月初でしょと思ってますが皆さんは如何ですか?

またこのロゴマークもお節介オヤジにはS社のビールの告知かと思いました。

300x248 - プレミアムフライデーって言うけどね…

まぁプレミアムフライデーでなくてもこの時期に楽しめるものがあるのをご存じですか?

青春18きっぷをおトクに使う方法

この春も、青春18きっぷ発売の時期がやってきた。「青春18きっぷ」とは、JR各線の普通・快速列車、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに乗り放題のきっぷだ。価格は1万1,850円。1回あたり2,370円で、1日乗り放題だ。春の有効期間は3月1日から4月10日まで。なおこの間、3月4日にダイヤ改正が行われる。

ホームウェイで休日の家を予約して、ご家族やご友人、恋人と最高の休暇を満喫しよう!
0 - プレミアムフライデーって言うけどね…

では、このきっぷをどうやっておトクに使うのか。

○青春18きっぷをおトクに使う方法
まずは1日あたり2,370円という値段を考えてみたい。東京駅からは、120キロから140キロまでが2,270円、141キロから160キロまでが2,590円となる。
となると、141キロ乗ればいい。東海道本線なら吉原(富士の一歩手前/静岡県富士市)、中央本線なら塩崎(甲府より少し先/山梨県甲斐市)、東北本線なら矢板(黒磯より東京寄り/栃木県矢板市)まで片道乗れば、元が取れてしまうという計算になるのだもちろん、この程度の移動ならばそれほど時間はかからない。普通列車だけで乗り継ぐなら、朝に東京駅を出発し、夜には大阪駅にたどりつくこともできる。
bgt?aid=170116422774&wid=001&eno=01&mid=s00000017150001035000&mc=1 - プレミアムフライデーって言うけどね…

0 - プレミアムフライデーって言うけどね…
青春18きっぷは、普通・快速列車のみ有効なきっぷであるという性質を持つ。その性質を考えてみると、普通列車が多く高頻度の運転をしている区間であり、かつ乗り継ぎもいい区間を移動することがおトクな使い方だとわかる。もちろん、そういったところは幹線で大都市間ということになる。
たとえば東京から大阪へ行くことを考えよう。東京から大阪までは、普通列車では8,750円。6,380円おトクになる。この区間、人口密集地帯とあってか、普通列車の本数も多いのだ。
きょう現在のダイヤの時刻表(それでも3月3日までは有効)で行程を調べると、東京駅を9時08分に出発し、熱海、静岡、浜松、大垣、米原と乗り継いで、大阪には18時50分に着く。静岡県内が各駅停車ばかりでつらいものがあるが、東京周辺、名古屋周辺、大阪周辺は快速運転の列車も多く、そういった列車に乗っていくと早く目的地に到着することができる。


bgt?aid=170116422774&wid=001&eno=01&mid=s00000017150001035000&mc=1 - プレミアムフライデーって言うけどね…

0 - プレミアムフライデーって言うけどね…
また臨時の夜行快速「ムーンライトながら」を利用すれば、夜に東京駅を出発し、九州までたどりつくことも可能だ。この場合、東京から日付変わって最初の停車駅である小田原までのきっぷは別に買っておく必要がある。
たとえば、大阪から博多(9,610円)、東京から仙台(5,940円)、東京から松本(4,000円)といった普通列車の多い路線を利用するなら、このきっぷはたいへん便利である。ただし、東京から新潟(5,620円)に向かう場合は、群馬県と新潟県の県境で普通列車の本数が少なくなるので、ご注意を。記事の続きはこちら

青春18きっぷの年齢制限は?

18って名前がついているので、18歳以下しか使えないとか言うイメージがあるようですが、年齢制限はありません。どなたでも使えます。

なので連休が取れる時に青春18切きっぷを使ってお安く旅をするのも良いかも知れませんね。

プレミアムフレイデーなんて関係なく楽しみましょう!